研修事例 紹介

研修やプロジェクトを通じて社員が成長した例をご紹介します。

製造業A社 研修 ~ シゴト基礎力の底上げ

月1回、短時間で負担の少ない研修

 

頻度:毎月1回、1.5時間~

 

テーマ:3つのシゴト基礎力の向上(伝える力・考える力・動く力)

 

毎月、決まった日(第2火曜日など)に少人数で研修を実施しました。

定期的に宿題を課すことで研修時間の短さをカバーし、

「研修後、受講者の話がわかりやすくなった。積極性も増した」

と評価をいただきました。

製造業B社 研修→プロジェクト

研修で基礎事項を学んだ後、プロジェクトを実行

 

頻度:最初の3ヶ月 ~ 1日研修を3回実行

その後 ~ 月1回のプロジェクトを継続実施

 

テーマ: 研修 ~ 3つのシゴト基礎力、T思考

プロジェクト ~ 残業削減、情報共有の仕組みづくり等

 

最初に補助金を活用し、研修を全従業員に実施しました。

その後、6人をプロジェクトチームに選出し、

残業削減などの企業の課題に取り組みました。

講師はプロジェクトチームの推進役として受講者をフォローし、

実際に残業時間23%削減を達成しました。


小売業C社 全社員が一日研修を受講

共通の基礎能力を底上げ

 

頻度:半期に一回

 

テーマ:3つのシゴト基礎力、深掘りで

 

経営者の方は、全員に研修を受講させたいがなかなかまとまった時間がとれない、とのことでした。

そのため、半期ごとに行う経営方針発表会の際に実施することにしました。

過去半年の振り返りとこれから半年の目標設定も同時に行うことで、従業員のキャリア形成にも役立ちました。

情報サービス業D社 アラカルト研修

希望者のみ、テーマを変えて

 

頻度:3ヶ月に一回

 

テーマ:ロジカルシンキング、本音を引き出す対話術など

 

実施の1ヶ月前に打ち合わせを行い、そのときに会社で最も必要とする内容を研修テーマとして指導しています。

 

従業員にとってもタイムリーな内容となるため、希望者のみ受講ではあるものの、都合の合う約6割の社員が参加しています。



他にも、貴社のご要望や状況をヒアリングし、

最適な研修/プロジェクト/コンサルティングをご提案いたします。

 

まずはお問い合わせからご連絡ください。

研修例 ~ 3つのシゴト基礎力・T思考「以外」で

マーケティング研修

ロジカルシンキング研修

クリティカルシンキング研修

部下力アップ研修