「わかったつもり語」に注意

生産性とは何か

私が研修やコンサルティングで、テーマに関わらず繰り返し述べていることがあります。それは、ビジネスにおいては

 

「誰でも同じように解釈できる言葉」

 

を使いましょう...ということです。

 

何を当たり前な、と思うかもしれません。ところが意外とできていないものです。

 

職場や取引先の人の頭の中はあなたと同じではありません。だからこそ、そんなつもりではないのに…という行き違いを避けるよう注意する必要があるのです。

 

では、その「誰でも同じように解釈できる言葉」の反対とは何でしょうか。

 

それは人によって解釈が異なる言葉であり、「ついわかったつもりになってしまう言葉」です。私はそれをわかったつもり語、略して「つもり語」と呼んでいます。

 

その「つもり語」には何があるでしょうか。

 

よく登場する典型的な例は「ブランド」です。

 

「我が社に必要なのはブランドだ」

「売上アップのためにはブランド強化が欠かせない」

「ブランドづくりをしなければならない」

...

 

どれも確かにそんな気がします。このように言われるとなんとなく納得してしまいそうです。

 

では、

 

ブランドとは何か?

何がどうなることがブランド強化なのか?

ブランドづくりとは何をすることなのか?

 

…と聞かれると答えられない、もしくはバラバラな答えになってしまうのではないでしょうか。

 

それはつまり「ブランド」が人によって解釈が異なる言葉、まさに「つもり語」だからです。

 

他には「生産性」という言葉もそうです。生産性の向上が急務だ。...とよく言われますし、なんとなくわかります。では生産性とは以下のどれでしょうか。

 

今と同じ量をより少ない原材料で作ること。

今と同じ量をより短い時間で作ること。

今と同じ量をより少ない人数で作ること。

あるいは、今より多い量を...

 

考えだしたらキリがありません。

 

このように、ブランドや生産性というのは耳にとって聞こえがよく、何となくわかったつもりになりやすい言葉です。

 

こういったあいまいな「つもり語」を使いそうになったときは、

 

「相手も同じことを連想できるか?」

 

と立ち止まってみましょう。